6ヶ月やってみて自分の才能を見極める

 

最近中古品なんですが、1冊の本をアマゾンで購入しました。
本の題名は、「普通の人が天才になれる!Jカーブの法則」
(世界を支配する不思議な曲線)野崎美夫著
とても興味深いことが書いてあって

何かに取り組みはじめてから成果が出はじめるまでに

潜行期→下降期→ボトム期→浮上期→顕在期 という

5つの時期があるってこと。

ネットでJカーブの法則を検索してみると

まあそれなりの情報はあるんですが、もの足りなかったので
ついポチッと購入してしまいました。

ところで、

人には何らかの才能が備わっているってことを
あなたはいままでの出来事を振り返るなかで
なにか一つ感じたりしたこがあると思うんです。

なぜか絵が上手だとか、絶対音感があるとか
若くして将棋が凄まじく強いとか・・色々と。

ある哲学者の方の本の中にも、あるエピソードが書いて
あったことを今でも思い出します。

その哲学者の方の叔父にあたる人なんですが、

ノートを一切とらず、黒板に書いてあることは全て写真のように
脳みそに写し撮ってしまう方だったそうです。

今でいうサバン症候群ってことになるのでしょうか。

持って生まれた才能・・・天からの授かりものってことです。

では別の視点からネットビジネスについての才能って
どうなんだろうってことです。

たとえば、YouTube動画でしゃべっている人のマインド系の内容を
信用し、高額な教材を購入して取り組んではみたけれど

サッパリだってことありますよね。

やってもやってもゴールすら見えない!

教材の動画を何度見ても聞いても、ちっとも腑に落ちないって
ことが現実にあります。

実はそれって、この記事を書いてる以前の私し自身の姿なんです・・・。

結局、その講師と教材には縁がなかったってことに尽きます。

だって、無理なものは無理なんですよ。

このことに気づけるかどうかってのも才能のひとつです。

後日、アフィリエイトでトップの成果を出した人の教材から学んだ時は、
正直目から鱗(ウロコ)でした。

送られてきたメールにはこんな一文があったのを思い出します。

「・・・さん!あなたは相当変わってますね」って文言でした。

内容は、よくあるコモディティー化したネットビジネスのノウハウではなくて
概念的な内容から、ネットの仕組みとマインドについてでした。

芥川龍之介の蜘蛛の糸ではありませんが、
ネットビジネスのコアな部分が知りたくていた自分にとって
まさに蜘蛛の糸を掴んだってことです。

幸い私しは日頃の心がけが良かったせいか

蜘蛛の糸はいまでもプツンと切れずに
天上に咲く蓮の花をめざして

チミチミ登っているってところです。

ここでお伝えしたいのは、ネットビジネスを例にとると

自分には合わないって人物や教材には見切りをつけるっていう才能が
必要だってことです。

もっともらしいことを言う輩、そして歯の浮くような
浮ついた輩の提供している情報や教材に惑わされることなく

ソリッドな内容を伝授してくる人物や教材の匂いを嗅ぎつけ
見つけ出すってのも、あなたの才能なんです。

そう言うと不安になるでしょうが心配ご無用。

磁石にたとえれば、あなたという磁石に人や教材が砂鉄のように
引き寄せられてくるんです。

これは、私しも経験済みだからハッキリと言えます。

以前、島田紳助の神竜の研究というDVDを観たのですが

島田紳助自身、人は才能だってい切ってます。
人それぞれ持って生まれた才能ってもんがある。

持って生まれた才能を活かせる居場所探しってことに
なりますが、

とにかく

6ヶ月間取り組んでみて、芳しくなければ教材を変える!
先生を変える!ってことです。

私しだってかなり紆余曲折しながらも、ネットビジネス関連の記事を
こうして書いてるわけです。

さてさて、ここまで色々と書いてきましたが

ネットビジネスってどうなんだろう?

胡散臭そうだし不安だしって方がいれば、自分の経験から得た範囲で
アドバイスができると思います。

記事についてのコメントでも結構ですよ。

ただし、

ネットビジネスで安易に稼げる系の言葉に浮かれる人、
無料だったら何でもくれっていうクレクレ君はお断りしています。

そのような方は

そのような集まりで仲良く連んで絡み合って
くださいってことです。

それではまた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*