WordPressのサーバー選び3つポイント

WordPressを使って、サイトの運営を行っていくとき気をつけるべき
3つのポイントについて実際の経験からお伝えしていくことにする。

数年前、ネット場で情報発信を行って必要があり、数種の情報商材を購入し
学ぶことになった。

当初はわからないことばかりであり、レクチャー内での勧めもあり
低コストのServerを選んで、ブログ記事を書き溜めていた。

ただ当初より非常に気になっていたのが、サイト表示の遅さである。
ブログ運営をしている立場からみても、表示速度の遅さは致命的だと
痛感していた。

事実、サイト表示が遅くなることで、訪問者のサイト離脱率が
非常に高いということがわかる。

 

事実、サイト表示が3秒以上だと、サイト離脱率が40%になり、
表示速度が遅ければそれだけ大きな損失が生じているのである。

多くのサイト訪問者は、2秒以内の表示を期待しているである。
サイト表示について知りたければ、下記サイトが参考になるので
試してみると良いだろう。

Google PageSpeed Insights

表示速度を解決するため、思い切ってServerを切り替えることにした。

ちなみに、非常に参考になったサイトが以下である。

『レンタルサーバー比較しました』

基本的に、レンタルサーバーに求められるスペック以下の3点。

1、処理速度が早いこと。

2、メモリーの容量が大きいこと。

3、転送容量が多いこと。

上記3点が重要なポイントとなる。

この3点を意識し、将来サイトアクセス数が増えてきた場合も含めて
導入したのが、下記のレンタルサーバーである。

 

   

 

結果的に、以前の低価格のサーバーよりも表示速度が向上し、表示ストレスも感じることは
なくなった。

くれぐれも、後になってレンタルサーバーを変える等の面倒なことを
しなくて済むようにはしておきたい。

日々コツコとブログ記事を書き、その書いた記事が積み上げられた結果が、
後々、かけがえのないあなたの資産となって行くのである。
くれぐれも、金額的な安さだけでサーバーを選ぶことだけは
止めておこう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*