Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/lsa0110/lsa-seba.com/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
DaVinci Resolve を使って映像編集をしてみるか!

DaVinci Resolve を使って映像編集をしてみるか!

Camera 2498646 640

最近の動画を見ていると、GHなんとかっていう定番の1眼レフカメラとか色々なカメラメーカーの
4K動画作品が一般的になってますね。

もう、いわゆるコモディティー化してきてるってことでしょうか?

確かに4Kで撮影された動画は、映像は精細で綺麗なんですが
綺麗すぎて面白みにかけるよねっていう感じです。

動画自体も、電車の通過シーンやコップに水を注いでるシーンを4K撮影してみたって
のもその類です。

常々感じていたことは、何か足りないよねってことで、よくよく考えてみると
こんな綺麗な動画がこの1眼カメラで撮れますってことだけで終わってるんですよ。

それで良いっていえば良いんでしょうが、そればっかりの動画を見させられてもねえってことで
4K動画では飽きたらない足らない人や、手軽にショートムービーを撮ってみたいって人達が
少しまえからですが、作品としてアップされてきています。

雰囲気としてはショート・ムービーのような映像になっています。

Blackmagic Pocket Cinema Camera  の頭文字

YouTubeで “BMPCC” で検索してみてください。

国内外問わずかなりの数の作品がアップされてますね。

そうなんです。

映画のような映像、いわゆるフィルムのような雰囲気のある動画が
とても注目されているってことです。

でも、1貫レフのような撮影画像をを期待するとガッカリするかもしれません。
眠たい画像っていうか霞んだ色合いで撮影されるので・・・。

でも、これには理由があって、後で編集ソフトで色補正をしたり色を乗っけたりってして
イメージした色合いや画質に仕上げてゆくって方法をとるからなんですね。

カラーグレーティングとか言われていますね。

ひと手間ふた手間かけて自分の好みの色合いの画像に仕上げゆく行程を取るんです。
とにかく動画の量をアップしたいっていう他人には向いてはいないでしょう。

定番みたいな、業界標準の一眼カメラで動画撮影をするっていうよりも
もっと映像に対する知識が必要になるし、自分のスキルを高めないといけないって
ことですよね。

そういった動きのあるなか、動画編集ソフトの業界自体にも大きな変化が起きています。

今まで定番と言われていた編集ソフトが、編集はもちろん色合いの調整までしっかり出来て
ネットにアップロードできるっていうソフトの出現です。

それは、Davinchi Resolve 12.5.6 っていう名前の動画編集ソフトです。

もちろん、MacやWindowsを問わず、しかも無料で利用できるっていう本当にありがたいソフトです。

もちろん、無料ではあっても内容は有料バージョンとほぼ同等の機能を備えているので
使い込んでから後、有料バージョンに移行するするのもいいでしょう。

もともと映像業界の人たちは使っていたようですが、一般人にはほとんど
馴染みがなかったこの編集ソフト。

画像編集のプロの方も、今使っている編集ソフトからDavinchi Resolve
移行する人もいるようですね。

というわけで、先日、愛用のマックにダウンロードして使ってみていますが
かなりメモリー消費はあるのですが使ってみての感想は奥が深いなあっていうことと
使いこなすにも色々な知識が必要だなって感じを受けています。

ただの動画編集の領域から、さらに深い画像クリエイトの世界に連れて行ってくれる
動画編集ソフトだってことです。

最近、英文のPDFマニュアルが日本語化されていて助かるのですが、
やはり操作に慣れには時間はかかりますね。

YouTubeにBlackmagic Desin Japan から動画編集の基礎講座も公開されていて
ソフトのダウンロードも行えるのでどうぞ。

DaVinchi Resolve ウェブ講座

覚えたら非常に強力な動画編集ができて作品のクオリティーが数段アップすることは
間違いありません。

とにかく一眼カメラで4K動画を撮るという段階から、映像作品をつくるっていう流れになっているので
じっくりと組みたいっていう人には一押しの動画編集ソフトになるでしょう。

あとはコツコツ学んで実践してゼッタイ自分のものにするぞっていう意識を持つことが
大切だってことです。

SNSでもご購読できます。